~スマホでご覧の方~

トップ画面左の「三」をタップすると隠れているメニューが表示されます。メニューの右側に“+”がある項目は“+”をタップすると詳しいページが出てきます☆


Contents

 

1.産後のむくみでお悩みのママさんへ

 

2..産後のむくみの原因

・体内の水分バランスの乱れ

・ホルモンバランスの乱れ

・骨盤内のリンパ損傷

☆疲労(休息・睡眠不足)

☆姿勢の乱れ(授乳・抱っこ)

 

3..産後のむくみの対策

・着圧ソックスを履く

・塩分の取り過ぎに注意

・休息をとる

・水分を正しく摂る

☆筋肉を正しく使う(産後ケア)

 

4..当院の産後のむくみの施術

5..むくみの簡単チェック法

6..LINEお問合せ

 

タップすると各項目へジャンプできます


1.産後のむくみでお悩みのママさんへ

産後の女性の不調

産後のむくみは、産後のマイナートラブルの中でも、とても多い症状のひとつです。産後のむくみを感じる部位で特に多いと言われているのは、『足のむくみ』です。

『足の甲までパンパン』

『象の足になった』

という話をよく聞きます。また、むくみは足だけでなく、手や指・顔にも感じる方もいらっしゃるようです。

 

当院では、“産後のむくみにはケアが必要である”と考えています。ですが、この“産後のむくみ”を軽く考えている産後の女性が非常に多くいらっしゃいます。むくみとは、医学的には“浮腫”と呼ばれる症状です。浮腫とは、皮膚の下にある皮下組織の部分に、余分な水分が溜まっている状態のことを言います。重力の関係で水分が下へ移動する為、二足歩行である我々人間は、下肢(足)がむくみ事が多く特に膝から下の下腿(スネ)~足部によく出現すると言われています。

 

2.産後のむくみの原因

むくみの原因を調べる

“産後のむくみ”の原因は主に、

 

〇体内の水分バランスの乱れ

〇ホルモンバランスの乱れ

〇骨盤内のリンパ損傷

☆疲労 (休息・睡眠不足など)

☆姿勢の乱れ (授乳・抱っこ姿勢など)

 

と言われています。当院では、☆に対してアプローチをし、施術を行います。詳しくは、当院の産後むくみの施術でご確認下さい。

 

 

産後の女性の乱れ

・体内の水分バランスの乱れ

  

妊娠中は、母体の血液量が約1.5倍に増えると言われています。(羊水などの影響) それが、出産によって羊水・血液が多量に体外に出てしまい、ママさんの体の水分バランスが乱れます。また、授乳しているママさんは体の水分を赤ちゃんに与えてしまう為、さらに水分バランスが乱れます。

体は、その乱れた水分バランスを整えようと、“体内に水分を溜めこもう”とします。これが、むくみの原因のひとつと考えられています。

 

 

・ホルモンバランスの乱れ

 

出産後、妊娠中に出ていた女性ホルモン『エストロゲン・プロゲステロン』というホルモンが急激に低下します。このホルモンバランスの変化も、“産後のむくみ”に影響していると言われています。

 

 

・骨盤内のリンパ損傷

 

出産をする際、産道(赤ちゃんの通り道)を降りてくる赤ちゃんは、骨盤にあるリンパを圧迫しながら下がってきます。(鼠経リンパ節など) 赤ちゃんの頭の大きさ(頭囲)は、平均で約33㎝と、とても大きくリンパへのダメージは少なくありません。また「分娩時間が長い」、「赤ちゃんの頭が大きい」などの場合も、ダメージが大きくなると言われています。

 

 

産後の女性の疲れ

☆疲労(休息・睡眠不足)

 

 

産後は、頻回の授乳、オムツ替え、沐浴(もくよく)、寝かしつけの抱っこなどの重労働が、『週休0日(毎日)』で待っています。この重労働で特に問題となるのが、

 

『産後のボロボロな体で、重労働してる』

という点です。これに関して個人的には

 

『手術後にリハビリせず、重労働してる』

に近いのではないか?と考えています。

これは、現代の医療の常識から考えてもあり得ないことだと思います。

ですので当院では、

 

『産後のケアは全ての女性に必須』

という考えで、施術をしております。この産後の重労働。どれもツライのですが、特に夜間の授乳は身体的・精神的なストレスがとても大きいと言われています。この、

 

『休むべき時間に休めない』

というストレスは、体の正常な代謝機能を狂わせる原因にもなります。休息不足・睡眠不足は、“足のむくみ”だけでなく、他の産後のマイナートラブルの原因にもなります。なので、休息不足・睡眠不足のフォローはとても重要だとパートナーの方にも認識して頂きたいです。

 

 

☆姿勢の乱れ(授乳・抱っこ)

 

産後のママさんは、授乳・抱っこ・オムツ交換など、ツライ姿勢での育児がたくさんあります。特に椅子やソファでの授乳、立ってする抱っこなど、足を下にしている時間が増えてくると、重力の影響で水分は足に溜まりやすくなります。また、産後のケアを行っていない体は、

 

『リハビリしてない、正しく使えない体』

 であり、筋肉や体幹の機能低下が起こりやすいと考えられます。

そうなってしまうと、

 

 筋肉の機能が低下する

➔血流・リンパの流れが悪くなる

➔むくみが起こる

という負のスパイラルに入ってしまいます。

 

『産後のケアを正しく行う』

ことで、産後ママさんの体の動かし方は変化します。体が正しく機能し、効率よく動けるようになることで、

☆疲労(休息不足・睡眠不足)

☆姿勢の乱れ(授乳・抱っこなど)

の状態を少しでも良くする。

産後ママさんには、そういったフォローが必要であると考えています。

 

 

3.産後のむくみの対策

むくみ対策の芽

産後のむくみ対策として一般的によく行われているものは、

 

〇着圧ソックスを履く

〇塩分の取り過ぎに注意

〇休息をとる

〇水分を正しく摂る

☆筋肉を正しく使う(産後ケア)

 

があると言われています。当院では、☆に対してアプローチしています。

 

 

・着圧ソックスを履く

 

 

むくみが気になる方が、最初にする対策で多いものが着圧ソックスです。着圧ソックスで症状が改善する方もたくさんおり、まずは試してみる。という考えも良いのですが、いくつか注意したい点があります。

 

・着圧ソックスをしばらく履き続ける必要がある

・種類が多く、どれが良いか分からない

・丁度良いサイズがない(分からない)

 

むくみの症状は日々変化します。自分に合わないタイトな着圧ソックスを履いてしまうと、むくみの酷い日は履けなくて使えない…。という事もあります。合わないと感じたら、『せっかく買ったし…』と無理して使わないでください。症状が悪化してしまう事もありますので。

 

 

・塩分の取り過ぎに注意

 

塩分を取り過ぎる事で、むくみが出やすくなります。(細胞から水分が脱水される作用で) また同じ塩分でも、天然の塩と精製した塩では、含まれている成分にも差があります。天然の塩には、『マグネシウム・カリウム』といった細胞の脱水作用を防ぐ成分が含まれています。

『使う塩を少し変える』

というのも、ひとつのアプローチだと思います。

 

 

他にも、体の余分な塩分を体外に排出する、『カリウム』を摂るのも良いと言われています。

カリウムを多く含む食材は、

・キウイ

・バナナ

・ブロッコリー

・ほうれん草

 

などがあります。自分にとって食べやすいものを、少しずつこまめに摂っていきましょう。

 

 

・休息をとる

 

産後は、ボロボロな状態の体にいつも以上に、大きな負荷がかかります。おむつ替え、数時間置きの授乳、寝かしつけ、沐浴(入浴)などなど。当然、赤ちゃんは自分では動けないので、その都度、抱き上げる必要があります。いくら、体重が軽い赤ちゃんとは言え、何度も繰り返し抱き上げるのは、産後の女性にとっては重労働です。

『疲れたな』

『足がだるくなってきた』

と感じたら積極的に休息をとってください。足をクッションやソファーの上に乗せて寝ると、足に溜まった水分が心臓の方へ戻りやすくなるので、むくみの解消につながります(異変を感じたら体勢を変えて下さい)

 

 

・水分を正しく摂る

 

原因から考えれば分かるように体は、『水分を補おうとして、むくんでいる』のです。その状態からさらに水分を摂らないと、体は『もっと水分を補おう』とします。それだけでなく、水分不足により膀胱や腎臓などに負荷がかかり、症状が悪化してしまう場合もあります。無理な水分の制限はせず、正しく水分補給して下さい。

 

 

産後ケアした女性

☆筋肉を正しく使う(産後ケア)

  

産後ケアをし、筋肉の機能を戻すことで、『産後のむくみを改善』していきます。詳しくは、次項の“当院の産後むくみの施術”でご確認下さい。

 

 

4.当院の産後むくみの施術

産後の腱鞘炎1

当院では、

 

『筋・体幹の機能を正しく戻す』

 施術を行います。産後のボロボロな体を正しい状態へ導くリハビリのようなイメージです。産後の女性は、体幹(インナーユニット)の機能が落ちている方が非常に多く、それにより全身の筋肉が正しく使えていない事があります。リンパを流すマッサージをする方法もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。筋肉が正しく使えるように、『産後の体を元に戻す産後ケア』は必須だと考えています。

 

《産後ケアによるむくみ改善》

 産後ケア(リハビリ)をする

➔産後の体が元に戻る

➔筋肉が使えるようになる

➔足の筋肉が働き血流(リンパ)が良くなる

➔むくみが徐々に改善する

 

※エクササイズなども併用しアプローチしていきます。

 

 

5.むくみの簡単チェック法

チェックする女性

 

チェックポイント

(足のすねの骨の上)

 

①骨の上の硬い部分を指の腹で10秒押し続ける

②指を離す

③5秒以上、指の跡が残れば

『むくみ有り』です!

 

その他にも、

〇足の甲の骨が見えない

〇アキレス腱がくっきり見えない

 

などの症状が出る場合もあります。気になる方は一度試してみて下さい。

 

 

産後のむくみでお悩みの方へ

 

産後のむくみはよくある症状であり、それゆえに軽く見られがちです。『むくみぐらい、放っておこう』となると普段の生活でも徐々に支障が出てきてしまいます。『たかがむくみ、されどむくみ』です。まずは解決に向けて施術(ケア)をしていく事が大切です。分からない事などありましたら、お気軽にLINEにてご相談下さい。

 

6.LINEお問合せ

 

【スマホから見ている方はこちら】

 

LINEの友達追加ボタンをタップしてもらえれば友達登録ができとても便利です。

 予約のお問合せやご質問などLINEにてご連絡ください

(時間帯によってはすぐに返信が出来ない場合もあります。お急ぎの場合は電話でのご連絡をお願いしております)

友だち追加

ご予約のお電話はコチラから